シャープ社長「間違ったオンリーワンになっていた」 顧客視点に回帰 (1/2ページ)

2013.1.7 19:37

 シャープの奥田隆司社長は7日、大阪市内で記者団に対し、同社のスローガンを「作り手論理のオンリーワン」から「顧客重視のナンバーワン」に転換する考えを示した。

 また、4月から個人、法人、メーカーの3顧客別のカンパニー制導入を検討していることを明らかにした。顧客の特性に応じた経営への転換を目指す。

 同社のオンリーワン戦略は町田勝彦相談役が平成10年に社長に就任した際から提唱。液晶分野で進め、同社を「液晶のシャープ」に成長させたが、亀山第2工場(三重県亀山市)や堺工場(堺市)への過剰投資のほか、液晶テレビの汎用(はんよう)品化による低価格化で採算が悪化、経営危機の原因とされている。奥田社長は「間違ったオンリーワンになっていた。顧客視点に立ち戻る」と強調した。

「ホームランを狙うのでなく、ヒットを打つ」

  • テレビ需要先食いは計算外か? パナソニック、シャープの経営直撃
  • 苦境シャープ、2960人が会社去る 早期希望退職

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!