ソニー“くもの糸”にすがる現実 映画好調で黒字化も…本業復活遠く (1/2ページ)

2013.1.13 09:08

ソニー・ピクチャーズ・スタジオに置かれた「スパイダーマン」の像。ソニーの業績はヒーローたちに下支えされている=11日、米ロサンゼルス(米沢文撮影)

ソニー・ピクチャーズ・スタジオに置かれた「スパイダーマン」の像。ソニーの業績はヒーローたちに下支えされている=11日、米ロサンゼルス(米沢文撮影)【拡大】

 【ロサンゼルス=米沢文】テレビ事業などの不振が響き平成24年3月期に過去最悪の最終赤字に転落したソニーが、25年3月期は一転して200億円の最終黒字に転換する見込みだ。

 映画や音楽などのエンターテインメント(娯楽)部門が業績をカバーするためで、2年連続の巨額赤字を見込むパナソニックやシャープとは対照的だ。ただソニーも本業の電機部門の黒字化は厳しく、「ハードとソフトの融合」を目指すソニーの復活は道半ばだ。

 11日、米カリフォルニア州ロサンゼルスのソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)の撮影所。セットで美しく再現された街のカフェの前で、数人のスタッフが撮影の準備に忙しく動き回っていた。

 2012年7月に全米で公開された映画「アメイジング・スパイダーマン」で、主人公が敵と戦うシーンはここで撮影された。同映画の昨年の世界の興行収入は7億5200万ドル(約660億円)。昨年11月に公開された「007スカイフォール」は興行収入が10億ドルを突破するなど、ヒット作を連発する。

今や映画は音楽や金融などと並ぶ高収益部門だ

  • ソニー“ゲーム世代交代”失敗の代償 ミリオン消滅の危機
  • ソニーが大崎駅前の拠点ビル売却へ…建設からわずか2年で
  • ソニー社長、スマホ2強に挑む 研究開発部門の海外移転も
  • 日本勢、56インチ有機ELで逆襲 パナソニックとソニー、高付加価値路線へ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!