ソフトバンク、イー・アクセス株売却へ サムスンなどに議決権株67% (1/2ページ)

2013.1.13 09:00

 ソフトバンクは1日に完全子会社化したイー・アクセスの議決権のある株式の約67%を月内にも韓国のサムスン電子など国内外の11社に売却する方針を固めたことが12日、わかった。

 ソフトバンクは完全子会社化により、イー・アクセスが持つ携帯電話に使われる周波数帯を獲得した。しかし、総務省は周波数帯を公平に配分する観点からイー・アクセスの完全子会社化を問題視。このため、ソフトバンクは議決権ベースの出資比率を下げる方針を打ち出していた。議決権ベースの出資比率を3分の1未満に抑えることで、こうした批判をかわす狙いがあるとみられる。

 ソフトバンクはイー・アクセス株式を議決権株と議決権のない株に分け、このうち議決権株の約67%を11社に均等に売却する。売却総額は数十億円程度の見込み。

中国の通信機メーカーには売却せず

  • KDDIvsソフトバンク 自慢、豪語…トップ2人の強烈なライバル意識
  • ソフトバンク、イー・アクセスの出資見直し 株式保有率引き下げ検討
  • 孫正義社長「ドコモを抜きにいく」 ソフトバンク営業益過去最高
  • LTE速度でソフトバンク“独り勝ち” ドコモは一度つながれば安定感抜群

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!