カネボウ、対応遅れ認める 夏坂社長「病気と思い込み」 社員247人にも症状 (1/2ページ)

2013.7.24 07:00

 カネボウ化粧品は23日、肌がまだらに白くなったという被害報告を受け、医薬部外品の成分「ロドデノール」を含む美白化粧品を自主回収している問題で、顕著な症状が出たと申し出た利用者が19日までに2250人に上ったと発表した。症状が確認された利用者については、医療費や医療機関への交通費などを過去分も含めて回復まで負担する方針。補償の基準は今後検討する。

 同日会見した夏坂真澄社長によると、肌がまだらに白くなる症状について問い合わせをしてきた人は19日までで6808人。このうち顔に明らかな症状が出たり、大きさで5センチ以上などの顕著な症状が出た人は2250人だった。これとは別にこの美白化粧品を使用していた社員のうち、247人にも症状がみられたという。

症例の出た使用者が大きく増え…「驚いている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。