コーヒー“進化系”で活性化 飲料各社、女性向けなど需要開拓 (1/3ページ)

2013.9.17 06:00

  • キリンビバレッジのペットボトルを採用した女性向けコーヒー「ファイアカフェデリ」

 飲料各社が、味以外を訴求した新しいコーヒー飲料を相次いで発売している。健康機能を引き出した特定保健用食品(特保)や、栄養成分を配合したエナジー系、女性向けのペットボトル品などが登場。ここにきて、缶コーヒーはコンビニエンスストアのカウンターコーヒーの登場やカフェチェーンの拡大で苦戦を強いられている。40代以上の男性が中心といわれる缶コーヒー市場で、“進化系”を投入し新たな需要開拓を急ぐ。

 “脂肪を消費しやすくするコーヒー”というキャッチフレーズで話題を呼んだのは、花王が4月に発売した特保の「ヘルシアコーヒー」だ。脂肪の吸収を抑える「クロロゲン酸」を通常のコーヒーの2倍以上含みつつ、苦みなどを抑えて飲みやすくした。

 185グラム入りで149円と通常の缶コーヒーに比べ割高だが、今年の販売目標の150万ケース(1ケース=30本)は7月に早くも達成し、目標を300万ケースに引き上げた。「女性の購入者が2割以下とされる缶コーヒー市場で、ヘルシアコーヒーは24%を女性が占める」(同社)と強調する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!