山本化学工業、摩擦抵抗係数減らした新高速水着 国際水泳連盟で承認

2013.9.20 09:45

新開発した素材の水着を披露する山本化学工業の山本富造社長=19日午後、大阪市内

新開発した素材の水着を披露する山本化学工業の山本富造社長=19日午後、大阪市内【拡大】

 競泳水着の素材などを手がける山本化学工業(大阪市生野区)は19日、厚さ0・3ミリの繊維の表側に親水性、体に触れる内側には撥水(はっすい)性の機能を持たせた新たな繊維素材を開発し、「マーリン」など6社7ブランドで、競泳用水着として国際水泳連盟(FINA)承認を得たと発表した。水の抵抗が従来品より3割以上減少、スピードアップにつながるという。

 同社が開発したゴム素材「たこ焼きラバー」の高速水着は2008年の北京五輪で脚光を浴びたが、FINAの新規定で使用不可能に。同社ではラバー並みの機能を持つ繊維素材の開発を進め、今回開発の素材ではポリエステルの織物に特殊処理を施した結果、ラバー水着で0・032だった摩擦抵抗係数を0・021にまで減らすことに成功した。

 一方、「2020年の東京五輪で金メダル30個獲得」を目標に、東京五輪出場が有望なジュニア選手に対し、同社製品を原価並みの価格で提供するほか、専門家によるアドバイスを無償提供するなどのサポートを数百人を対象に行うことを明らかにした。山本富造社長は「東京五輪で日本が金メダルをたくさん獲得するという日本国民の夢に向け、できる限りのサポートをしたい」と話している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!