「半沢直樹」何がホントで何がウソだったのか 現役行員らに聞く (1/5ページ)

2013.10.21 07:00

 大手都市銀行を舞台に銀行員の半沢直樹が内外の勢力と闘う姿を描いた人気ドラマ「半沢直樹」(TBS系)。経営難に陥ったホテルの再建にめどをつけたり、上司の不正を暴くなど、半沢が次々に問題を解決する姿に視聴者が共感したのが、高視聴率の一因だろう。原作者の池井戸潤氏が元銀行員ということもあり、実際の銀行を彷彿とさせる場面も多かった。ドラマの中で描写された銀行の姿は実際、何がホントで何がウソだったのか、現役の銀行員らに聞いてみた。

 もっと厳しい金融庁検査

 ドラマで片岡愛之助さんが好演した金融庁の黒崎駿一検査官。モデルは、かつてのUFJ銀行に対し金融庁検査を行った目黒謙一統括検査官(当時)とされる。本人の名誉のためにも断っておくと、断じて黒崎検察官のような“オネエ系”ではないそうだが…。

 金融庁の厳しい検査や、その後の巨額赤字の計上によって、UFJ銀行は東京三菱銀行との合併を余儀なくされた。多くの金融関係者は、ドラマの中に過去の事実を重ね合わせたはずだ。実際、現役の銀行関係者のほとんどは、毎週ドラマを注視していたようだ。

銀行関係者「あんな生易しいものでない」と一蹴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!