NTT東が最下位、「フレッツ光」評価低く 固定ブロードバンド満足度

2014.2.20 14:18

 民間調査会社のJDパワーアジア・パシフィックが発表した固定ブロードバンド(高速大容量)通信サービス10社を対象にした顧客満足度ランキングによると、九州電力系の九州通信ネットワークが提供する「BBIQ光インターネット」が総合満足度トップ(585ポイント)となった。「通信品質」と「サポート対応」で最も高い評価を得た。

 ランキングの2位は関西電力子会社ケイ・オプティコムの「eo光」(577ポイント)、3位はアルテリア・ネットワークスの「UCOM」(573ポイント)だった。eo光は「提供サービス」で、UCOMは「各種費用」でそれぞれトップだった。

 一方、光サービス最大手で、光ファイバー設備を他の事業者に貸し出しているNTT東西地域会社が提供する「フレッツ光」の評価は総じて低かった。NTT東日本(539ポイント)は最下位、NTT西日本(550ポイント)は9位だった。NTT東は「各種費用」と「提供サービス」で最低評価となった。

 調査は光サービスかCATVを家庭で利用する5200人から昨年12月にインターネットで回答を得た。

なぜ関西は関東よりも「光回線」が安いのか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。