【駒井研司が聞く プロの自己管理術】クオンティファイド・セルフ(中) (2/2ページ)

2014.4.21 05:00

さまざまな技術によって開発されたQSの事例が紹介された=3月25日、東京・銀座

さまざまな技術によって開発されたQSの事例が紹介された=3月25日、東京・銀座【拡大】

 一方、お茶の水大学博士課程の門村亜珠沙氏は、食育の研究を発表した。

 「『ピーマン食べてね』と子供に言っても、自らすすんで食べるようにはならない。コンピューター技術を利用して、子供がいつの間にかピーマンを食べるようになる。そんな方法を研究しています」

 スマホと連携するセンサーを組み込んだフォークによって食べている食材の色や食行動を検知し、いろいろな食材を食べるとスマホ上のパンダのキャラクターが喜ぶ仕組みを開発した。

 「日用品に技術を組み込み、やる気の出るフィードバックによって楽しく行動を改善する『Persuasive Technology(パースウェイシブ テクノロジー)』の研究を今後も深めていきます」

 技術の進歩とさまざまなアイデアが、堅苦しくなりがちな自己管理を楽しく便利にする未来を垣間見ることができた。(つづく)

                   ◇

【用語解説】クオンティファイド・セルフ(Quantified Self)

 米シリコンバレー発のムーブメント。コンピューターや機器などで自分の行動や状態を記録・客観視し、そこから得られる発見をより良い生き方につなげる取り組み。

                   ◇

【プロフィル】駒井研司

 こまい・けんじ ネオレックス副社長。自己管理のためのiPhoneアプリ「MyStats」(マイスタッツ)発案者。

 Twitter.@kmikng

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!