【ウーマンシップ】エイアンドピープル・浅井満知子社長 (1/4ページ)

2014.5.5 05:00

 ■海外向け資料翻訳 事業モデル差別化

 現在の日本の株式市場は、外国人投資家によって支えられている。このため上場企業にとって、海外投資家に向けたIR活動が一段と重みを増している。一連の活動を進めるに当たっては、アニュアルリポートの出来不出来が大きく左右する。エイアンドピープルの主力業務は同リポートをはじめとした海外向け資料の翻訳で、さまざまな業界の有力企業から受注実績を着実に積み上げている。

 ◆大学で学び直す

 浅井満知子社長の振り出しの職業は歯科技工士。手先が器用なためコツコツと何かを作る職業に憧れ、「子供が生まれても仕事を続けることができる」という理由で進路を決めた。

 しかし、技工士の世界はでっち奉公。朝7時から働き始め帰宅に利用する電車は、午前0時46分発の終電だった。それが月曜から土曜日まで続いた。「このままで一生終わってよいのか」。そんな疑問がわき、26歳のときIT系の企業に転職した。

 総務のつもりで入社したら配属先は営業。パソコン関連のユーザーサポートなどが主な仕事だった。聞かれたことは「折り返し電話致します」といった形で対応。SE(システムエンジニア)に聞いて回答するといった作業を繰り返し、知識を体系化し信頼感を高めていった。

 ただ、ITは進歩が早い。体得した情報がどんどん古くなり「年を取ったときに続けていけるのか」といった不安を抱えるようになる。そこで友人からの誘いに乗る形で翻訳会社に応募、転職に踏み切った。

 入社後半年で営業部門のトップとなるなど、滑り出しは順調だった。その一方で「過去の人的ネットワークに助けられただけ」との思いが募るようになり、「大学を受験し直して、ビジネスの知識を習得しよう」との意思を固め青山学院大に進学した。

 勉強の楽しさは、予想をはるかに上回っていた。一流企業に勤めながら経営学を学ぶ仲間も多く刺激を受けた。3年生からは起業を意識するようになり、卒業後に翻訳サービスの会社を立ち上げた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!