雪国まいたけ、総会動議で経営陣一新 創業家の関与…改善姿勢に疑問符 (1/2ページ)

2014.7.1 06:44

 6月27日の株主総会集中日に、東京証券取引所2部上場で、キノコ生産大手の雪国まいたけの社長が交代した。創業家の急襲ともいえる動議で、前社長の星名光男氏が総会で取締役に選任されなかったためだ。昨年11月に東証に提出した過去の不適切な会計処理問題で、創業家の影響を受けないようにすることを改善要項にあげたが、創業家が動議に賛同したことは明白。今回の事態が関与にあたるかどうかなどが、今後の焦点になる。

 雪国まいたけは6月27日の定時株主総会で、会社提案の取締役人事案に対し、大株主の一人である大平安夫氏から、違う人選での取締役選出の動議が出された。会社提案では星名氏らの再任だったが、動議では、星名氏を含む取締役7人のうち、6人を入れ替えるものだった。

 この動議が賛成多数で可決され、星名氏らは取締役を退任。会社側提案の取締役1人は、その後、就任を辞退し、動議提案の6人が取締役に就いた。社長には元ホンダ専務で「NEW DEVICE」代表取締役の鈴木克郎氏が就任したほか、元日銀審議委員の中原伸之氏も取締役に就いた。

「創業家が賛成したことで動議が可決された」(同社の人事・総務担当)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。