【評伝】那須翔氏・元東電社長 電力経営に意識改革促す

2014.7.1 05:00

 東京電力社長に那須翔氏が就任した1984年。東電は石油危機の苦難を脱し、「守り」から「攻め」へと本格的に転じる潮目を迎えていた。

 就任早々の那須氏が強調したのは「お客さまの側に立った物の見方」だ。“親方日の丸”の体質がしみついていた電力会社の経営に「顧客サービス」の意識改革を促した。

 そして、「21世紀を目指す経営の基本方向について」と題した行動計画をまとめ、技術革新や効率性を高めた体質強化を推し進めた。「(電気の拡販に)臆病であってはならない」とはっきりした物言いで成長路線を推し進める一方、通信事業に進出するなど、多角化にも積極的に乗り出した。

 東電社長出身で財界に確固たる影響力を残した木川田一隆、平岩外四の両氏に仕えたことから、政財官界とのパイプも太かった。財界では、情報収集の速さや腰の低さでも定評があり、平岩氏からは「切れ味のいい人」と言わしめた。

 趣味はスポーツで、特にJリーグなど日本のサッカー界との親交が深かった。Jヴィレッジの開設やFC東京の設立にかかわったほか、日韓共催で行われた2002年のワールドカップでは日本組織委員会会長を務めた。(小島清利)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!