ソフトバンク孫社長が製造現場でのロボット大量活用構想 「一気に労働力1億人分も」

2014.7.15 15:38

 ソフトバンクの孫正義社長は15日、東京都内で開催した自社イベントで基調講演し、多機能型ロボットの大量導入により、日本の製造業における労働人口を現在の約1千万人から、一気に1億人規模へと引き上げる構想を明らかにした。

 これは法人顧客向けに開いた「ソフトバンクワールド2014」での講演。孫社長は「テクノロジーの進化は労働人口問題も解決できる。安くて、高性能で、ありとあらゆる用途に使えるロボットを一気に普及させたい」などと述べた。

 孫社長の説明によると、クラウドに接続し、人工知能(AI)を搭載した多機能ロボットが人間と同じ量の作業をする場合でも、24時間稼働なら3人分と数えられる。これを1台100万円で生産、製造現場に3千万台導入すれば、日本の労働力は9千万人分増える計算になる。しかもコストは人間の賃金をはるかに下回り、1台1・7万円相当という計算もできるという。

 孫社長は「ロボットの活用によって、日本は世界最大の労働人口大国になれる」と指摘した。

 同社は来年2月、一般向けに人型ロボット「ペッパー」の発売を控えているが、孫社長は産業用にも意欲を示しているもようだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。