【ウーマンシップ】テレワークマネジメント・田澤由利社長 (1/4ページ)

2014.8.25 05:00

 ■ネットオフィスの導入提唱

 ICT(情報通信技術)を活用することで、場所や時間にとらわれない働き方を指すテレワーク。安倍晋三政権も成長戦略を遂行する上で、その重要性を指摘している。普及に向けてはテレワークの知名度をいかに高めるかが不可欠となり、その旗振り役を担うのがテレワークマネジメントの田澤由利社長だ。

 ◆「世の中を変えたい」

 田澤さんは大学時代、叔父からパソコンを譲り受けてコンピューターの世界に出合った。その性能に魅了され「魔法の箱を仕事にしたい」と思うようになる。就職先は実家がある奈良に工場があるといった理由でシャープに入社する。最初の配属先はパソコンの商品企画部門。「シャープのパソコンを日本一にする」といった思いで働き始めたが、7年後には退社した。夫の仕事は転勤が多く子育ても重なり、苦渋の選択だった。

 しかし、本人は仕事から完全にリタイアという気はなく、パソコンを使って家で仕事をし始めた。当時、パソコン雑誌のライターは男性の技術者ばかり。女性の視点に基づく記事は重宝され、さまざまな雑誌に寄稿した。インターネットが普及し始めた1997年には北海道北見市に移住する。子育てをしながらの在宅勤務は注目され、テレビや新聞に「在宅ワークの母」といった形で紹介されるようになる。

 その頃、「どうやったら在宅勤務を行えるのか」といった質問を頻繁に受けるようになった。ただ、答えはなかなか見つからずストレスも感じるようになった。このため1998年にワイズスタッフという会社を設立。インターネット上に在宅勤務者が集まり、ホームページやコンテンツ制作などを請け負うといったビジネスモデルを立ち上げた。データ入力など単純な作業に終始するのではなく、家でも会社にいたときと同様の能力を発揮できるようにする-。そんなコンセプトを掲げた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。