【挑む】シー・コネクト 嶽本泰伸社長 eコマースに成長余地、商材を多角化 (1/2ページ)

2014.9.1 05:00

 オフィスのOA化がさらに高度化し、プリンターで印字するためのインクカートリッジ、トナーカートリッジの消費も増え続けている。プリンターは低価格化が進んでいるが、インクやトナーの価格は下がっていない。割高で異なるプリンターとの互換性もないメーカー本位の商法に疑問を持ったシー・コネクトの嶽本泰伸社長は、リサイクルや互換のインク・トナーを販売するeコマースサイト「インク革命.com」を運営している。嶽本社長は「日本のeコマース市場を大きく育てたい」と話している。

 --リサイクル・互換のインクカートリッジ、トナーは安いが品質への不安が根強い

 「工場と直接取引しているので、低価格でありながら品質も高い。当社より安価な商品を販売している業者は多いが、高品質とコストパフォーマンスのバランスが評価され、互換・リサイクルインクカートリッジ、トナーのeコマース販売業者としてはトップクラスに成長した。半分以上の顧客はリピーターになっている。とくに売上比率の65%が法人向けで、官公庁や有名な大企業も取引先になっている」

 --他社と比べて強みは

 「商品を自社で製造するのはもちろんだが、システムから物流、カスタマーサポートなども自社で運営している。これらは通常、外注していることが多いが、きめ細かなサービスを提供するために内製化した。年中無休で商品の注文を受け付けるだけでなく、午後7時までの受注品はその日に発送している」

 --実店舗も出店している

 「4月に東京・御徒町に直営第1号店をオープンした。相乗効果を狙い、ネットショップと同じ『インク革命.com』という店名にした。幹線道路沿いで、秋葉原からも歩くことができる。周辺の中小企業や通りすがりの新規顧客を開拓して、ネットショップへも呼び込む。年内に店舗の月商を120万円にして、2号店を秋葉原に出店したい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。