バブル発祥の地、品川で動き出す再開発 インフラ整備計画も目白押し (1/6ページ)

2014.9.9 07:00

品川駅周辺まちづくり

品川駅周辺まちづくり【拡大】

 1980年代の土地バブル発祥の地、品川で新たに大規模な都市再開発が動き出す。JR東日本が品川-田町間新駅の2020年開業に向けて旧品川操車場跡地(約13ヘクタール)の再開発に着手。リニア中央新幹線も27年に開業する予定で、駅前広場や道路などインフラ整備計画も目白押しだ。周辺では将来を見越してオフィス需要が盛り上がり始めており今後、不動産投資は一段と活発化する見通しだ。

 オフィス需要拡大

 「オフィス賃料を下げずに粘って、ようやく満室稼働のめどが立った。タイミングを見て不動産ファンドなどへの売却を検討したい」。旧ソニー本社跡地を購入して2011年にガーデンシティ品川御殿山をオープンした積水ハウスの畔柳均コーポレートコミュニケーション部長兼IR室長はホッとした表情を浮かべる。

 「御殿山は地盤が固いので、特に外国企業に人気が高い。併設するレジデンスも月額賃料平均80万円でも満室状態だ」。当初はテナント募集で苦戦を強いられてきたが、先月末で住友電気工業との合弁を解消したばかりの新生スリーエムジャパンが昨年5月に本社を移転。ようやく稼働率も80%まで上昇し、現在交渉中のテナントが決まれば満室となる見通しだ。

「西大井の事業所との連携を強化するのが狙い。交通の利便性も魅力」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。