【トップは語る】久代表、ECプロデューサー・工藤暢久さん(38)

2014.10.25 05:00

 ■企業に伴走しサイト改善を提案

 --電子商取引(EC)を総合的に支援するサービスを手掛ける会社を起業しようと考えたきっかけは

 「前職の広告代理店で顧客のウェブマーケティングやECサイトの立ち上げなどに関わる中で、ECの利用が伸びると判断した。EC支援に特化した業務でこそ、私の価値も発揮できると考えて独立し、前の職場の同僚と2人で会社を立ち上げた」

 --ECサイトを利用する消費者の行動に変化は

 「サイトへのアクセスから始まり、商品を購入するという流れにつながる中で、半年前ぐらいからスマートフォンでのアクセスが増えている。今はパソコンとスマホが同じくらいだが、将来はスマホが主流になる。また、総合通販サイトだけでなく、メーカーが運営する直販を利用する人も多くなっている」

 --提供するサービスの特色は

 「消費者が使いやすいサイトを作ることを徹底して提案している。ECサイトは商品を実際に手に取れないという点で、購入につなげるまでのハードルは結構高い。コンサルティングというと提案だけで終わるケースもあるが、当社はいわば伴走する存在として、顧客企業のECサイト運営などについても継続して改善を提案する。こうした取り組みが評価されて紹介される仕事も多く、大手食品メーカーや有名スポーツ用品メーカーなど10社ほどと取引させてもらっている」

 --今後の目標は

 「今年は初めて新卒の学生を採用して、従業員も増えた。個人事業主のような形で始めた会社だが、組織づくりにも取り組みたい。創業前には、会社の主たる事業をECサイトの通販支援と情報提供でやっていこうと考えていた。軌道に乗りつつある通販支援だけでなく、情報提供の分野でもプラットホームを作りたい」

                   ◇

【プロフィル】工藤暢久

 くどう・のぶひさ 関西学院大院修了。2005年スパイスボックス入社。大手飲料メーカーやテレビ局などのウェブマーケティング、電子商取引(EC)コンサルティングを約7年担当。12年4月にEC総合支援会社、久(Q)を設立し現職。愛媛県出身。講演や記事執筆も多数。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。