【ステップアップ】インフォメーションシステムズ 電離層の異変察知し地震予測 (1/2ページ)

2014.11.3 05:00

インフォメーションシステムズの地震予測が見られる専用端末「備ボーサイ」

インフォメーションシステムズの地震予測が見られる専用端末「備ボーサイ」【拡大】

 民間企業による地震予測サービスが徐々に浸透している。インフォメーションシステムズもサービスを提供している一社で、高度約80キロにある電離層の異変を察知し、予測に役立てている。同社ではサービスの利用によって、「事前対策を万全にし、防災や減災に役立ててもらいたい」(今村悦司取締役)としている。

 同社は2011年4月に予測サービスを開始。約1週間後に起こりそうなマグニチュード(M)5以上の地震を毎週2回、月曜と木曜に公表している。

 予測は地域気象観測システム(アメダス)のように日本地図をマス目で細かく区切り、予測される規模に応じて色分けしている。マグニチュード5以上が対象なのは、それより小さくても予測は可能だが、被害が想定される規模に絞っているためという。

 サービスは会員制で入会金40万円、月額料金4万円。情報はホームページに加えて緊急地震速報やテレビの機能がついた専用端末「備(び)ボーサイ」でも見られる。約40社が法人会員に名を連ね、日立ビルシステムやエイベックス・グループ・ホールディングスも含まれる。日立ビルシステムはエレベーターの管理、エイベックスは「所属タレントの生命を守ったり、主催する講演やイベントに参加する方の安全確保に役立てている」(今村取締役)という。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。