【挑む】トレックス・セミコンダクター 藤阪知之社長 (1/2ページ)

2014.11.3 05:00

 ■アナログ半導体で欧米メーカーと勝負

 パソコンから、スマートフォンやタブレットへのシフトが進む中で、半導体の市場が拡大している。一方、日本国内の半導体メーカーは、引き続き事業の再構築を迫られており、生き残りは厳しい。半導体デバイスの開発・製造を手掛けるトレックス・セミコンダクターの藤阪知之社長は「成長率の高いアナログ半導体市場で、先行する欧米メーカーと肩を並べたい」と意気込んでいる。

 --国内唯一のアナログ半導体メーカーだ

 「電源ICを開発・販売している。入力した電圧を出力するときに変換する『電圧レギュレータ』、出力電圧が常に一定となるように制御される『DC/DCコンバーター』、入力した電圧を監視し設定電圧以下となったときにアラームを出す『電圧検出器』の3点が主力商品だ。小型低消費電力を強みに、産業機器、デジタル家電、パソコン関連、車載関連などに搭載されている」

 --工場設備を持っていない

 「工場の稼働率を上げるために、過剰な価格競争を強いられることが多い。このため生産は委託した方が長い目で見て経営が安定する。半導体の生産は大きく分けてウエハー上に回路を形成する『前工程』と、パッケージへの搭載後、最終検査を行う『後工程』の2つに分かれる。後工程に関してだけは比較的投資負担が軽いので、ベトナムに4億円を投じて工場を設置した。後工程を自社で展開するのは、より小型化を求める市場ニーズに応えるためだ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。