エボラ熱治療薬、年明けにも承認 富士フイルムHDの抗インフル薬 (1/2ページ)

2014.11.12 05:40

 富士フイルムホールディングス(HD)は11日、グループの富山化学工業が製造する抗インフルエンザ薬「アビガン」のエボラ出血熱への治療薬として、早ければ年明けにもフランスとギニアの両政府に承認されるとの見方を示した。緊急措置として「グローバル承認」(同社)という位置づけになる可能性が高く、必要とされる国・地域に提供されやすくなる。

 ギニアには、300人分のアビガンが外交ルートで搬送中。フランスとギニアの両政府が60人程度を対象に治験を実施し、年内に完了する見通し。効果が認められれば、その後1カ月程度で承認される。世界保健機関(WHO)が関与することで、世界的に効果が認められることになりそうだという。

 富士フイルムは、医薬品やライフサイエンスなどのヘルスケア分野で高い成長が期待できるとみる。同日発表した2014~16年度の中期経営計画では、内視鏡などの医療機器やバイオ医薬品受託製造の拡大を目指すほか、医薬品でもアビガンをはじめとする新薬開発を加速させて18年度以降に収益への貢献を果たす目標を掲げた。

アジア・オセアニアでも複合機の販売を強化

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。