川崎重工業 富士石油向けにボイラー・タービン発電設備

2014.11.12 17:59

 川崎重工業は12日、富士石油から、重油の絞りかすなど固体燃料でも対応できる新開発のボイラー・タービン発電設備を受注したと発表した。受注額は非公表。川崎重工は、同発電設備の設計や製作から建設工事までを一貫して担当し、2017年6月末の完成を予定。設備は、富士石油袖ヶ浦製油所に納入する。

 ボイラー・タービン発電設備の中核となるボイラーには、重油の絞りかすであるアスファルトピッチやオイルコークスなど固体燃料を使うことができ、NOX(窒素酸化物)や煤じんを少なくできる新開発の「U-KACCボイラー」を採用し、環境負荷低減を図った。 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。