サントリーが「ティップネス」を日テレに売却へ スポーツクラブ運営子会社

2014.11.21 10:05

 サントリーホールディングス(HD)が、スポーツクラブ運営子会社のティップネス(東京都港区)を日本テレビホールディングス(HD)に売却することで最終調整に入ったことが21日、わかった。米ウイスキー大手ビームの買収に1兆6千億円を投じたなか、有利子負債を圧縮し、経営効率を図るため、中核事業に経営資源を集中させる。

 ティップネス株の約71%をもつサントリーと残り29%を保有する丸紅も売却する。収益の多様化を進めたいとする日テレHDはティップネスを完全子会社化する。買収総額は350億円程度とみられている。

 ティップネスはサントリーグループの社内ベンチャーとして設立され、昭和61年にフィットネスクラブ事業を開始。その後、丸紅が展開するスポーツクラブ「レヴァン」を合併した。現在は国内で約60店舗を展開している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。