【エンジニア革命】「マネジメント」力で飛躍 (1/4ページ)

2015.1.10 05:00

商品開発者にとって、節目、節目で、今後どうするかを考え、決断することが重要だ(AP、イメージ)

商品開発者にとって、節目、節目で、今後どうするかを考え、決断することが重要だ(AP、イメージ)【拡大】

 □エレクトリフィケーションコンサルティング代表・和田憲一郎

 ■重要局面では一呼吸置き全体見渡せ

 商品開発に携わる者にとって、次第に開発が佳境に入り始めると、毎日がまるで嵐に遭遇したような状態になる。迫りくる日々の業務を片付けることで精いっぱいになる。しかし、責任者の場合はそれだけでは済まない。重要なのは節目、節目にあたる部分で、今後どうするかを考え、決断することではないかと考える。そのことの重要性について考えてみたい。

 重要局面といえば、クルマで例を挙げると、数多くのイベントの中で最も重要で感動的なのが、試作車が初めてできたときではなかろうか。今までのデザインによるクレイモデル、設計によるCADモデルと、幾度となくイメージを膨らませてきたが、やはり実物の試作車に勝るものはない。

 ◆「クルマが生まれるとき」

 自動車業界の方はよくご存じであるが、試作車の組み立てができたからといって、いきなり走らせることはない。最初はスタティック(静的な)確認であり、数万点に及ぶ部品の欠品はないのか、ハーネスの結線は間違っていないのか、コンピューターは所定の機能どおり動くのか、などなど数多くのチェックリスト項目を確認していく。これらの機能確認は、通常でも2~3週間、欠品や機能不具合があると1カ月以上に及ぶ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。