日系ソフト3社、ベトナムなど3カ国で業務提携 アジアでオフショア開発活性化 (1/2ページ)

2015.1.13 05:00

アジアIT開発ベルト地帯構想を発表した(左から)BJITの佐藤一雅社長、エボラブルアジアの吉村英毅社長、サイバーミッションズの有馬治彦社長=東京都港区

アジアIT開発ベルト地帯構想を発表した(左から)BJITの佐藤一雅社長、エボラブルアジアの吉村英毅社長、サイバーミッションズの有馬治彦社長=東京都港区【拡大】

 ベトナム、バングラデシュ、ミャンマーの3カ国で、それぞれソフトウエア開発を手掛ける日系の3社が業務提携し、共同受注や人員交流などを通じたシナジーを発揮して、開発規模を拡大させる。3カ国を「アジアIT開発ベルト地帯」と名付け、今後のアジアでのエンジニア開発市場の発展につなげる。

 今回提携したのは、オフショア開発を手掛けるエボラブルアジアとBJIT、サイバーミッションズの3社。オフショア開発とは、海外にソフトウエアの開発業務を委託すること。日本より割安な労働力を活用し、システム開発コストの削減を図ることができる。

 エボラブルアジアは、ベトナムでオフショア開発を手掛ける業界最大手。BJITは、バングラデシュのオフショア最大手で、サイバーミッションズはミャンマーに拠点を構える。

 日本では大規模プロジェクトの集中による受注増が予想され、エンジニアの不足が2015年問題として懸念されている。また20年の東京五輪、ビッグデータの活用なども人材不足に拍車をかけている。今後さらに深刻になることが見込まれることから、オフショア開発市場の活性化を図ることを目的として締結に至った。これによって各社の経営資源の共有、営業での協力に加え、クラウドを利用しての開発で大型案件の受注などを狙う。

日本におけるシステム開発市場規模は10兆円とされ拡大傾向にあるが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。