今年の東京ゲームショウは9月開催 300社出展で22万人来場見込む

2015.2.5 12:09

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は5日、アジア最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2015」を9月17~20日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催すると発表した。東南アジアなど海外での出展誘致を強めており、300社の出展と22万人の来場を見込む。

 新作ゲームソフトや関連機器などが展示される。今年のテーマは「もっと自由に、GAMEと遊ぼう。」で、ゲームを遊べる機器がスマートフォンやタブレット端末などに広がり、動画サイトでゲーム実況が人気になるなど、楽しみ方が多彩になっていることを反映している。

 CESAの鵜之沢伸会長(バンダイナムコゲームス副社長)は概要発表会見で、「ゲーム業界はスケールが急拡大しており、ついていくのが大変なほど変化が激しい。一歩進んだゲームショウにしたい」とあいさつ。CESAは4月にソーシャルゲーム協会(JASGA)と合併する予定だ。

 昨年は30を超える国・地域から過去最多の421社が出展。約25万人が来場した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。