【論風】経済産業省消費者政策研究官・谷みどり ネット通販の健全な発展へ (1/3ページ)

2015.2.12 05:00

 ■商業高校で運営ノウハウ学ぶ

 ネット通販が伸びている。便利だからだ。いつでもどこでも買える。携帯電話でも買える。支払いや受け取り方法も増えた。音楽やゲームなど、購入する財も多様だ。検索もできる。

 しかし、ネット通販には課題もある。簡単に始められるため、うっかり法律に違反してしまう場合もある。販売事業者、支払い事業者、通信事業者の責任関係がわかりにくいこともある。中には意図的に誇大広告をしたり偽物を売ったりする業者がいる。本名を隠して代金を支払わせ、問題が起きると連絡できなくなる業者さえいる。

 消費者をだます技を磨く業者は、付加価値を生まない。産業が発展するためには、顧客の利益になる方向で努力する業者が増えることが必要だ。そのために何が役立つだろうか。

 期待したい力の一つに、商業高校での取り組みがある。ネット通販の将来を支える若者を育てるのだ。

 ◆利用者視点で実習

 最近、高校の商業科に「電子商取引」という科目ができた。文部科学省の2010年1月版「高等学校学習指導要領解説 商業編」によれば、「情報通信ネットワーク等を活用した電子商取引や、ICT技術を活用した広報に関する基礎的・基本的な知識と技術を身に付けるため」、従来の科目が再構成された。指導するときは、取引や広告などの「課題について、具体的な事例を取り上げ、関係法規や情報モラルと関連付けて考えさせるとともに、利用者の立場に立ったウェブページを制作できるようにすること」とある。このような動きを受けて、いくつかの高校でネット通販の実習が行われている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。