大塚家具“お家騒動”、社外取締役に一石 仲裁役期待も機能せず (1/3ページ)

2015.3.6 06:22

大塚家具の大塚久美子社長

大塚家具の大塚久美子社長【拡大】

 老舗家具大手の大塚家具の“お家騒動”に金融庁が苦り顔だ。同庁が5日に決めた上場企業の企業統治原則「コーポレートガバナンス・コード」では、上場企業に対し複数の社外取締役を導入するよう求めているが、大塚家具では複数の社外取締役を置いていたにもかかわらず、創業家父娘の対立が表面化したためで、同社のガバナンスの欠如が社外取締役のあり方に一石を投じた形だ。

 コードでは社外取締役の役割について、「会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に寄与する責務」と規定。東証1部と2部上場の企業に対し、2人以上の社外取締役を設置するよう求めている。

 大塚家具には現在、一橋大大学院教授の阿久津聡氏と弁護士の長沢美智子氏の2人の社外取締役がいる。同社は東証のジャスダック市場に上場しているため、コードの原則では複数の社外取締役を設置する必要はないが、数年前から複数の社外取締役を置いていた点では“模範生”のはずだった。

社外取締役は経営陣に頭が上がらない“番犬”

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。