セブン&アイが万代と資本・業務提携へ 大阪の有力食品スーパー

2015.3.10 10:34

 セブン&アイ・ホールディングスが、大阪を基盤とする有力食品スーパー、万代(まんだい)と資本・業務提携する方針を固めたことが10日、分かった。来春までに、万代の全株式を保有する持ち株会社から、約30%を約200億円で取得する方向で検討している。セブンにとって手薄な近畿の店舗網を、今回の提携によって強化する狙いがある。

 10日の役員会で決める。両社は商品開発や仕入れ、物流面で協力する。

 万代は、セブンの電子マネー「nanaco(ナナコ)」や、セブン銀行のATM(現金自動預払機)を導入。将来的には、セブンのプレミアムブランド(PB、自主企画)「セブンプレミアム」を手がけることも検討する。

 万代は大阪、京都、兵庫などで食品スーパーを約150店展開。平成26年2月期の売上高は約2800億円に上る。

 一方、セブンは、傘下の総合スーパー、イトーヨーカ堂の店舗の7割が関東に集中。手薄な地域では、その地域が地盤のスーパーなどと提携を進めており、平成25年には北海道のダイイチ、26年には岡山の天満屋ストアに出資している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。