JT「わかば」など国産6銘柄値上げへ 最大1箱当たり130円程度か (1/2ページ)

2015.5.20 06:36

たばこ自販機

たばこ自販機【拡大】

 日本たばこ産業(JT)は19日、紙巻きたばこの「エコー」や「わかば」など「旧3級品」と呼ばれる国産6銘柄を値上げする方向で検討に入った。旧3級品に設けられているたばこ税の軽減措置が、来年4月から段階的に縮小・廃止されるためだ。増税分がそのまま価格に転嫁されると、来年4月からの3年で最大1箱当たり130円程度の引き上げになる可能性もある。

 値上げを検討する6銘柄は、エコーとわかばのほか、「ゴールデンバット」「しんせい」「ウルマ」「バイオレット」。旧3級品のたばこ税は、一般品の「メビウス」の1箱当たり244.88円に対し、116.24円と半分程度に抑えられている。このため、価格は安く、メビウスの430円に対し、代表的な銘柄のエコーで250円、わかばで260円などとなっている。

 昨年の消費税増税後は特に、一般品に比べ価格が割安なことから人気で、2014年度の国内たばこ販売ランキングでわかばは6位(13年度は8位)、エコーも7位(同9位)と、上位を占めた。

ただ、エコーなどへの適用税額が世界貿易機関(WTO)の協定に…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。