【新トップ】VAIO・大田義実社長 手腕試される“社長請負業”

2015.8.20 05:00

 「VAIOのブランド力は強い。やりがいがあると思って、社長就任を引き受けた」

 歯切れのいい口調で、こう語る。VAIOの経営権を握る投資ファンドから新トップに指名され、今年6月にパソコン(PC)業界へ飛び込んだ。

 双日でエネルギーの投融資、機械販売などに携わり、退社後は「社長請負業」のキャリアを積んできた。新天地でまず着手したのが営業力の強化。自前の営業部を設け、設計エンジニアも「技術営業」として自らユーザーの声を吸い上げる体制を導入した。

 モットーは「いいものは伸ばし、悪いものは改善する」といたってシンプルだ。長野県安曇野市の本社工場は、ペットロボット「AIBO(アイボ)」を生産していた歴史があり、当時のエンジニアも残っている。スマートフォンやタブレットについても「受託、自主ブランドの両方で前向きに取り組みたい」と語る。

 巨大企業から独立したブランドをどこまで飛翔させるか、手腕が試される。(宇野貴文)

                   ◇

【プロフィル】大田義実

 おおた・よしみ 一橋大商卒。1976年ニチメン(現双日)。2004年常務執行役員。10年サンテレホン社長。14年ミヤコ化学社長。62歳。東京都出身。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。