セイコーエプソンが小型軽量の家庭用プロジェクター発売 無線LANでスマホと接続

2015.8.20 17:43

セイコーエプソンの家庭用プロジェクターの新製品「EH-TW5350」=20日、東京都内(宇野貴文撮影)

セイコーエプソンの家庭用プロジェクターの新製品「EH-TW5350」=20日、東京都内(宇野貴文撮影)【拡大】

  • セイコーエプソンの家庭用プロジェクターは、自宅で大画面の映像が楽しめる=20日、東京都内(宇野貴文撮影)

 セイコーエプソンは20日、家庭用プロジェクターの新製品「EH-TW5350」を27日に発売すると発表した。無線LANを内蔵し、スマートフォンやタブレット端末にワイヤレスで接続して、大画面映像を楽しめる。

 従来製品よりも画質を高め、3D映像の奥行きも調整できるようにした。小型で重さも約3キロと軽く、持ち運びや収納にも便利だ。

 想定価格は税別で約10万5千円、80型スクリーンとセットだと約11万円。

 この機種を含めて今後1年間で家庭用プロジェクター全体で3万5千台を販売する計画で、国内トップのシェア7割を確保したい考えだ。

 家庭用プロジェクターの国内市場は、薄型・大画面テレビの急激な低価格化の影響で伸び悩んできた。

 しかし、6畳間のスペースでも3D対応の映画などを100型の大画面で見ることができ、価格も10万円を切るセイコーエプソンの「EH-TW5200」が発売された平成25年以降は回復傾向にある。今年の販売台数は「4万5千台に達する」(エプソン販売の鈴村文徳取締役)との見方もある。

 セイコーエプソンは27日から新製品を4日間3千円で貸し出すサービスも開始する。10月30日~11月3日には「二子玉川ライズ」(東京都世田谷区)で、無料体験イベントも開催する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。