【遊技産業の視点 Weekly View】ギャンブル依存症対策の勉強会発足 (1/2ページ)

2015.9.12 05:00

三浦健一

三浦健一【拡大】

 □シークエンス代表 LOGOSインテリジェンスパートナー・三浦健一

 IR推進法案は安保関連法案が可決されれば、すぐにでも審議入りが期待されていたが、内閣支持率急落で、このタイミングで社会的不安、批判の多いカジノ解禁法案を審議入りさせられない安倍政権内のジレンマもある。加えて、カジノ解禁に慎重な与野党有志議員が「ギャンブル依存症対策推進のための勉強会」を発足させた。

 IR推進派はこの勉強会に警戒心を強めていると報道されたが、発起人には反対派議員だけでなくIR議連メンバーも名を連ねている。勉強会は、ギャンブル依存症に正面から真摯(しんし)に向き合い、その対策を検討していくもので、実態の把握、情報収集、本人や家族への支援などを中心に、治療法や対策費のあり方、回復施設や社会復帰支援策などを中心に議論を重ねていくという。これは、ギャンブル依存症への国の対策を構築させるための大きな動きになる。ギャンブル依存症対策での何らかの法による規定が新たに用意される可能性もないわけではない。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。