データ施設の熱、雪で冷却 北海道美唄市、18年度までに実用化

2015.10.7 05:00

公開されたデータセンター。右は共同通信デジタルが設置したサーバー=2日午後、北海道美唄市

公開されたデータセンター。右は共同通信デジタルが設置したサーバー=2日午後、北海道美唄市【拡大】

 コンピューターが集積するデータセンターの熱を雪で冷却する事業を進める北海道美唄市は2日、9月に完成した試験用の設備を公開し、事業への参加を検討する企業関係者ら約50人が視察した。市などは、この試験棟で冷却の性能を検証し、2018年度までの実用化を目指している。

 公開されたのは、データセンターと機械設備の2棟で計約150平方メートル。市に協力するニュース配信会社の共同通信デジタル(東京都港区)と、インターネット関連会社NHNテコラス(同新宿区)の2社が、計174台のサーバーを設置している。

 データセンター近くには、除排雪を盛り上げた10メートル四方の雪山があり、断熱材に覆われて屋外で保管されている。雪は冷水となって地下の配管からセンターの空調機へ運ばれ、空調機が出す冷気で室内を冷やす仕組みになっている。

 市によると、事業を委託した新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が設備を所有するが、実用化された段階で事業の参加企業に売却される見込み。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。