iOS標的のマルウェア2015年は7個のみ…だが油断は禁物 (1/2ページ)

2015.12.31 06:45

シマンテックが確認した新しいiOSマルウェアの数の経年比較

シマンテックが確認した新しいiOSマルウェアの数の経年比較【拡大】

 セキュリティー大手のシマンテックが、2015年に新しく確認されたiOS用マルウェア(悪意のあるソフトウェア)は7個のみだったと発表している。

 一般的に、Appleが仕組みを外部に公開していないのでサイバー犯罪者がiPhone・iPadのiOSを攻撃するのは困難なことだとされている。一方GoogleのAndroid OSは参入事業者を増やすために仕組みが公開されており、世界のスマートフォン市場で圧倒的なシェアを持っていることから狙われることが多い。

 iOSを狙うマルウェアは2014年の3個から増加した。表面的には微々たる変化かもしれないが、シマンテックは増加傾向にある点を懸念している。

 シマンテックはiPhone・iPadが直接狙われるのではなく、ウイルスに感染したパソコンとケーブルに繋いだときにマルウェアがインストールされてしまう場合が多いと警告。モバイル端末を安全に使うには“母艦”となるパソコンのセキュリティーにも気をつけなければならないようだ。

脱獄(Jailbreak)端末の危険性…

clicccar アプリスタ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。