【業界団体だより】関西遊商、車椅子寄贈・感謝状贈呈式を開催

2016.1.16 05:00

車椅子を前に目録を手にする大阪府社会福祉協議会の綛山(かせやま)哲男会長(左)と関西遊商の草加和徳理事長

車椅子を前に目録を手にする大阪府社会福祉協議会の綛山(かせやま)哲男会長(左)と関西遊商の草加和徳理事長【拡大】

 関西遊技機商業協同組合(関西遊商、理事長・草加和徳氏)は昨年12月7日、社会福祉法人大阪府社会福祉協議会の社会福祉指導センターで「車椅子寄贈・感謝状贈呈式」を開催した。

 車椅子の寄贈は2012年から行っており15年度で4回目。毎年秋に開催するチャリティーゴルフ大会で集まった基金で車椅子を購入し、贈り続けている。

 同年度は昨年11月26日から12月11日までの期間で近畿2府4県の各社会福祉協議会に車椅子を40台寄贈。うち、大阪府社会福祉協議会には10台の車椅子が贈られた。

 贈呈式に出席した綛山(かせやま)哲男大阪府社会福祉協議会会長はあいさつで「高齢化が進む中で、われわれは団塊世代が後期高齢者となる25年が大きな節目と思っている」とし、「誠に身勝手ではあるが、各団体・組合・企業の方々から、できる範囲でのご厚志をいただくことによって、大阪の福祉がまた一歩前に進むのではないかと考えている」と謝意を述べた。

 なお、今回の大阪府の車椅子は、泉南郡熊取町、南河内郡千早赤阪村、八尾市の各社会福祉協議会の3団体に寄贈された。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。