アップルも3D端末参入? 仮想現実を体感、研究チーム立ち上げ

2016.1.30 13:09

米ロサンゼルスでゴーグル型端末「ギアVR」を発表する韓国のサムスン電子幹部=2015年9月(AP)

米ロサンゼルスでゴーグル型端末「ギアVR」を発表する韓国のサムスン電子幹部=2015年9月(AP)【拡大】

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は29日、米アップルが3D(立体)映像で仮想現実を体感できる端末の分野参入に向け、数百人規模の研究チームを立ち上げたと報じた。この分野ではゴーグル型端末の開発が相次いでおり、市場競争が激化しそうだ。

 アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は26日の決算発表時に「仮想現実は隙間産業ではない」と述べ、高い関心を示していた。同紙によると、アップルは既に端末の試作品を製作したが、実際に端末を売り出すかどうかは決定していないという。

 米フェイスブック傘下のベンチャー企業、オキュラスVRは韓国のサムスン電子とゴーグル型端末を共同開発。ソニー・コンピュータエンタテインメントが「プレイステーション4」向けのゴーグル型端末を発売予定で、マイクロソフトも参入を表明している。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。