【Sakeから観光立国】東北復興加速へ「酒蔵アイデアソン」開催 (1/2ページ)

2016.2.12 05:00

酒蔵アイデアソンの参加者ら=5日、仙台市青葉区

酒蔵アイデアソンの参加者ら=5日、仙台市青葉区【拡大】

 □平出淑恵(酒サムライコーディネーター)

 東北の地域資源である日本酒・酒蔵について、さまざまな人たちがアイデアを出し合い、新しい製品・サービスやコンセプトを考えるイベント「酒蔵アイデアソン」が5日、仙台市青葉区の東北経済産業局で開かれた。「東北・夢の桜街道推進協議会」と「あしたのコミュニティーラボ」の共催で、テーマは来日外国人が、友人に自慢したくなる日本酒・酒蔵を生かした東北でしかできない体験を創出することだ。

 アイデアソンとは、Idea(アイデア)とMarathon(マラソン)を合わせた造語。年齢、所属、専門分野などの異なる参加者がアイデアを練る。

 今回集まった44人は、観光関連やその他の企業をはじめ、自治体、公共団体、金融機関、蔵元の関係者、クリエーター、富士通のエンジニアら、さまざまなバックボーンと東北への思いを持った人たちだ。

 開催目的は、東北の復興事業を推進している東北・夢の桜街道推進協議会が昨年から始めた「東北酒蔵街道」の活動を加速すること。酒蔵の情報発信によって、桜の季節だけでなく通年での交流人口の増加を目指す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。