大塚HD、主力薬特許切れで45.8%減益

2016.2.13 05:00

 製薬大手の大塚ホールディングス(HD)が12日発表した2015年12月期連結決算は、最終利益が840億円だった。14年12月期に決算期を3月から12月に変更しており、数値調整後に比較した前期比は45.8%減となる。売上高は8.1%減の1兆4452億円。主力の抗精神病薬「エビリファイ」の特許が米国で切れたことが響いた。機能性飲料・食品の事業では、日本や中国でスポーツドリンクが好調だった。16年12月期の売上高は1兆2500億円、最終利益は500億円を見込んでいる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。