海水の柱をアンテナに 三菱電機、20年以降実用化

2016.2.17 17:34

三菱電機が開発し報道陣に公開した「海水アンテナ」の実験=17日、東京都千代田区

三菱電機が開発し報道陣に公開した「海水アンテナ」の実験=17日、東京都千代田区【拡大】

  • 三菱電機が開発した「空中ディスプレイ」(同社提供)

 三菱電機は17日、中長期的に実用化を目指す研究の成果を報道陣に公開した。海水を噴水のように噴き上げて電波を送受信する「海水アンテナ」などで、2020年度以降に新規事業として成長の柱にしたい考えだ。

 海水アンテナは、海中に可動式のポンプなどを設置。海水を噴き上げて水柱をつくり、電流を流すことでアンテナの代わりとする。水槽での実験では、地上デジタル放送の電波の受信に世界で初めて成功。災害時に携帯電話の仮設基地局としたり、海水浴場のレジャー向けに使ったりできるという。

 空中に映像を映し出す「空中ディスプレイ」技術も公開した。スクリーンの映像の光をアクリル板で反射させ、さらに特殊なシートで反射すると、複数の光線が離れた場所で結合し、映像が浮かび上がる仕組みだ。この映像は人が通り抜けることも可能で、デジタル広告などに利用できるようにする計画。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。