【埼玉発 輝く】サイ リハビリ支援ゲーム機、全国250施設で導入 (1/5ページ)

2016.2.25 05:00

「ドキドキへび退治II」で遊びながらリハビリをする高齢者(サイ提供)

「ドキドキへび退治II」で遊びながらリハビリをする高齢者(サイ提供)【拡大】

  • 気泡緩衝シートに迷路などが描かれた「暇つぶシート」

 「足疲れるね、夢中になっちゃう」「この前はヒールがあってダメだったから、今日は運動靴を履いてきたの」…。

 お年寄りが、ランダムに顔を出す4匹のヘビを、足で踏んで「退治」する。「ドキドキへび退治II」は一見、昔ながらのゲーム機だが、実は「リハビリサポートマシン」。遊ぶ人の反応に合わせてゲームのテンポが自動的に変わるため、半身まひの人であっても自分のペースで遊ぶことができ、脳血流の増加や、転倒防止に必要な足の筋肉強化の効果も実証されている。

 販売しているのは、さいたま市中央区の「サイ」。従業員2人の小さな会社だが、手がけるリハビリ用ゲーム機は医療福祉施設を含めて全国の老人ホームなど約250施設で導入されている。1月には埼玉県の渋沢栄一ビジネス大賞のベンチャースピリット部門大賞に選ばれた。

 ◆九州大病院と協力

 高橋正勝社長(39)が同社を設立したのは2011年。ゲームセンター向け機器を扱う「ALIES」(宇都宮市)の社長だったが、「業務用ゲームはスマートフォンなどに押され継続的な売り上げ増は期待できない。自分たちのゲーム技術を生かして何かを発信していこう」と、秩父市のサン電子工業などと共同出資で立ち上げた。

 ペットプリクラなど“鉱脈”探しを続ける中で、ある老人ホームから「ゲーム機がほしい」と要望があり、中古のパチンコ機を提供したところ好評だった。そこで、オリジナルのゲーム機を12年春頃から介護施設に売り込んだが、「一台も売れなかった」と苦笑する。

 「ただ遊んで楽しめるだけならば、1万円の家庭用ゲーム機でよかった。業務用ゲーム機のメリットは全身を動かせる体感型。体を動かすならリハビリにも応用したいと言われ、それでリハビリ用ゲーム機を目指すことになった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。