同居住宅好評、餌に工夫も 人もペットも高齢化 対応商品続々 (1/2ページ)

2016.3.5 07:11

高齢者向け集合住宅でネコと暮らす北尾可代子さん=埼玉県ふじみ野市

高齢者向け集合住宅でネコと暮らす北尾可代子さん=埼玉県ふじみ野市【拡大】

  • 東京キャットガーディアンが展開する「猫付きシェアハウス」=東京都杉並区

 かわいいネコやイヌといつまでも一緒に暮らしたい。飼育環境が改善しペットの高齢化も進む中、ペットと入居できる高齢者向け住宅が好評だ。高齢ペット向けの商品も相次ぎ登場している。「ネコ人気」が高まる一方で無責任な飼い主もいる。捨てネコなどを保護するためのシェアハウスも注目されている。

 老人ホームや高齢者向け集合住宅を運営する「生活科学運営」(東京)は、埼玉、愛知両県などの27施設のうち、18の高齢者向け住宅でペットとの同居を認めている。現在25世帯がイヌやネコを飼う。

 ◆入居者と会話弾む

 同社は高齢者自身の暮らし方や住環境に関する要望に合った施設を提案。埼玉県ふじみ野市の集合住宅でネコの空と暮らす北尾可代子さん(76)は「ペットと入居できると聞いて即決した。空ちゃんのおかげで他の入居者やスタッフとの会話も弾む」と笑顔で話す。

 入居者がペットの世話をすることが原則。動物が苦手な人もいるため、隣室や上下階に住む人の事前承諾が必要といった規定を設けている。

 ユニ・チャームが2015年に発売した20歳前後(人間だと90歳前後に相当)の高齢ネコ向けフードの売れ行きが好調だ。高齢になると腎臓病を発症したり、かむ力が弱くなったりすることに配慮。過剰摂取が腎臓の負担になるリンの量を抑制するなどし、粒やフレークを舌でさらえやすいサイズにした。

 同社とペットフード協会によると、ネコの平均寿命は11年の14.4歳から15年は15.8歳に延び、20歳を超えるネコも増えているという。同社のペットフード事業を担当する岡本淳一さんは「高齢のネコを飼う顧客の声がきっかけで開発した。高齢化は今後も進むと予想しており商品展開を拡大したい」と話す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。