【リーダーの素顔】ミャンマー建国ファンドCEO・房広治さん (1/3ページ)

2016.4.18 05:00

アウン・サン・スー・チー氏と談笑する房広治氏=2012年2月26日、ミャンマー・ヤンゴンのホテル

アウン・サン・スー・チー氏と談笑する房広治氏=2012年2月26日、ミャンマー・ヤンゴンのホテル【拡大】

 ■下宿の大家はスー・チー氏 人生変えた

 ミャンマー建国ファンドの房広治最高経営責任者(CEO)は、日本人初のM&A(企業の合併・買収)アドバイザーや著名投資家として、世界の金融市場に名をとどろかせた。現在の事業を始めたのは、友人でノーベル平和賞受賞者、アウン・サン・スー・チー氏主導の同国新政権を手助けするためだ。

 --英オックスフォード大留学時代の1984年から1年余り、スー・チー氏の自宅に下宿した

 「私が大学の研究所で新聞を読んでいたとき、人懐っこい笑顔で声を掛けられた。その2年後に再び声を掛けられ、下宿人第1号になりました。最近になってスー・チー氏と知り合った人からは『近寄りがたい雰囲気の彼女からは想像できない』と不思議がられます」

 --なぜ、スー・チー氏は下宿を呼びかけたのか

 「日本人学生はまじめで部屋もきっちり整理整頓され、夜まで騒ぐことはないだろうという理由でした。野菜中心の彼女の手料理をごちそうになり、祖国や父アウン・サン将軍の話を聞きました」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。