【詳報】ポケモン社長インタビュー 20周年…これから目指していくものは? (1/6ページ)

ポケモンの石原恒和社長(納冨康撮影)
ポケモンの石原恒和社長(納冨康撮影)【拡大】

  • インタビューに答えるポケモンの石原恒和社長(納冨康撮影)
  • インタビューに答えるポケモンの石原恒和社長(納冨康撮影)

 人気ゲーム「ポケットモンスター」のブランド事業を展開する株式会社ポケモンの石原恒和社長が、ポケモン20周年を機に産経新聞のインタビューに応じた。開発当初からポケモンにかかわった石原社長は「ゲームと現実世界を融合し、双方を豊かにすることが今後も変わらない理想」と強調。新機軸のスマートフォン向けでも、遊びながら楽しい人間関係を築けるようなゲームを目指すと語った。主な一問一答は次の通り。(聞き手 牛島要平)

 すべてが画期的だった

 --ポケモンは平成8年2月、任天堂の携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」向けに第1弾のソフトが発売された。シリーズは計25タイトルを数え、今年2月下旬の時点で世界累計販売本数が2億本を突破した

 「主人公が自然を舞台に架空の生き物(ポケモン)を持ち歩き、強い敵に挑むというロールプレーイングゲームは最初からの構想だった。そこから、強いポケモンを捕まえるだけでなく、好きなポケモンを育ててレベルを上げるなど、幅広い遊び方を可能にしていこうと工夫を重ねた」

 --ゲームを通じてプレーヤー同士が交流できる点も画期的だった

 「ゲームで捕まえたポケモンを(通信機能で)学校の友人と交換する遊びは、子供たちにとって初めての経験だった。ゲームの世界と現実に起きていることがともにリアルでおもしろく、思い出に残る体験になったようだ。『転校していったあいつが最後に置いていったポケモンがこれだった』とかね」

ポケモン同士がそれぞれの(攻撃パターンの)ルーレットを回して対戦する遊びなので…

今、あなたにオススメ
Recommended by