【高論卓説】「自動運転」初の死亡事故 (1/3ページ)

2016.7.8 05:00

 ■大ブームで警戒心剥落 冷静に運用検討を

 「自動運転が可能になりました」

 2015年10月14日、テスラ社は高らかにメッセージを打ち出した。テスラ・バージョン7.0がリリースされ、「オートパイロット」と銘打った自動運転が可能となったというのだ。ソフトウエアのアップデートが完了した「モデルS」は一夜にして自動運転機能を持った先進的高級車に進化したのである。

 ソフトウエアのアップデートを通して、自動的に段階的に自動走行も可能なクルマに引き上げていく。それも、公式発表前のパブリックベータ版(ユーザーによる試用)ソフトが提供される。IT産業的な自由な発想には驚かされるが、テスラの革新性に共鳴する若き富裕層は、このような新しい価値観を強く支持してきた。

 しかし、このモデルSでオートパイロット走行中に死亡事故が起こり、メディアの注目が高まっている。ハイウエー(高速走行ができる一般道)の交差点で、左に曲がろうとかじを切った大型トレーラーの荷台に、反対車線を直進してきたモデルSが垂直に衝突したのである。モデルSは車体がトレーラーの荷台の下に潜り込む、いわゆるアンダーライド状態となり、フロントガラスを直撃する悲惨な事故となった。

 国家道路交通安全局(NHTSA)はオートパイロットシステムの調査に着手した。

 なぜブレーキが利かなかったのか原因ははっきりとしない。トレーラーの車体をシステムが標識と錯覚し、その下を安全にくぐり抜けられると判断したとの説もある。カメラとアルゴリズムを提供するモービルアイ社は、横からの飛び出しにはシステムそのものが対応していないと公表している。

 運転者に危険回避の行動があったかも不明である。映画「ハリー・ポッター」のDVDが入ったDVDプレーヤーが車内で発見されており、映画鑑賞に気を取られ前方を十分に注意していなかった可能性も否定できない。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。