時間管理手帳の2017年版を発売 イー・ウーマン

予定の空き具合が一目でわかるイー・ウーマンの手帳「ActionPlanner」
予定の空き具合が一目でわかるイー・ウーマンの手帳「ActionPlanner」【拡大】

 ダイバーシティ(多様性)に関するコンサルティングなどを手掛けるイー・ウーマン(東京都港区)は、時間管理手帳「Action Planner(アクションプランナー)」の2017年版を発売した。

 A5判サイズで見開き1週間分。左側のページに月~木曜、右側に金~日曜の欄がある。午前6時~午後11時までの30分刻みの横罫がひかれて、縦罫の1日と横罫の時間とを掛け合わせたマス目に予定を書き込む。

 手帳のコンセプトは「自分を予約する」。手帳に予定を書き込むことで、予定の空き具合が一目でわかるようになっている。手帳を企画した佐々木かをり社長は「空き時間をどう有効に使うかが自然と考えられる」という。

 手帳は05年版から発売しているが、「好きな風合いの手帳なら1年間、ずっとそばに置いて使ってもらえるのでは」(佐々木社長)と、17年版は過去最多となる16デザイン、延べ86色から選べるようにした。

 合皮タイプが3780円と5940円、ファスナーが付いたジップタイプが9990円、本革タイプが1万2960円。通販サイトの「アマゾン」「ヤフーショッピング」などで販売している。