【高論卓説】配車アプリ 中国に見習う利便性 (1/2ページ)

2016.9.8 05:00

 ■利用者目線での地図情報充実が必要

 中国最大手のスマートフォン(スマホ)配車サービスの「滴滴出行」が8月1日、同2位の米国ウーバーテクノロジーズの中国事業を買収すると発表した。これに先立つ7月28日、中国政府は、スマホによる配車アプリを利用した一般ドライバーによるライドシェア(相乗り)サービスに関して、一定の条件を満たせば合法化すると発表している。政府による規制のあり方など多くの問題はあるが、事業のスピード感や新しい仕組みを導入する姿勢など、中国に見習うべき点も多いのではないだろうか。

 一連の報道では配車アプリの持つ機能のうち、ライドシェアに焦点が当てられているが、滴滴はもともと2012年に開始したスマホアプリを利用してタクシーを効率的に配車するサービスがはじまりだ。アプリを起動すると、位置情報を取得し、地図上に自分(乗客)のいる場所が表示され、その周りに空車のタクシーが表示される。乗客は、行きたい場所を文字でインプットするか音声で通知すれば、近くにいるタクシーが反応して迎えに来るというものだ。乗客は自分のいる場所を説明する必要がないし、迎えに来るタクシーのナンバーや運転手の名前などの情報もアプリに表示される。地図情報をベースに、乗客とドライバーのニーズをスマホでマッチングさせるのが基本的な仕組みだ。

 日本でもスマホによる配車サービス「全国タクシー」が運営されているが、アプリを利用してタクシーを呼んでも、すぐ近くにいる車が来るとはかぎらない。一旦、無線局に情報が流れて、無線で配車されるからだ。電話料金は不要だが、既存の仕組みを利用するため、配車料金410円も別途必要だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。