三越、千葉・多摩店の閉鎖発表 ネット通販台頭、ライフスタイル変化 (1/3ページ)

2016.9.8 05:51

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は7日、三越千葉店(千葉市)と三越多摩センター店(東京都多摩市)を2017年3月20日で閉店すると発表した。不振が続いている地方や郊外の店を整理して、都心の旗艦店の経営に集中する。

 千葉店は1972年に地元百貨店と合弁会社を設立し、「ニューナラヤ」として開業。84年からは看板を「三越」に変更していた。JR千葉駅から近い立地を生かして、ピーク時の91年度は507億円の売上高を記録。ここ数年は近隣の大型商業施設との競争激化やインターネット通販などに押され、赤字の状態が続き、16年3月期の売上高は約4分の1となる126億円まで落ち込んでいた。

 2000年に多摩そごう跡の商業施設に開業した多摩センター店も、千葉店と同様に近隣の大型商業施設などとの競争が激化。07年度には70億円あった売上高も16年3月期は63億円と1割程度減少し、赤字となっていた。

百貨店を取り巻く環境は厳しさを増している

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。