【ホワイトカラー革命】石橋博史システム科学社長の処方箋 (1/2ページ)

2016.9.23 05:00


【拡大】

 ■業務の可視化が元気の源

 ◆残業が発生する要因

 ホワイトカラーの業務は、日常業務管理と情報管理が徹底されていないこと、多能化OJT(職場内訓練)による人材育成が進んでいないことについて、前回指摘した。こうした課題を改善していく方策を見いだせないまま、先延ばししてきたからか、最近メディアが取り上げているのが「残業」の問題。過重労働や違法労働を行う企業を「ブラック企業」と呼んで対処を促している。経営トップの鶴の一声で一時的には抑制されても、何らかの恒久策を取らない限り元に戻ってしまうのが常で、直ちに解決するわけにはいかない。今回は、これらの問題に対する画期的な解決法を紹介する。

 残業が発生する要因を挙げると、次のようになる。

 第1は働き方の習慣。バブル景気にわいた1990年以前は1日は24時間あるぞ、と働け働けの雰囲気がはびこっていた。現在でも経営者層の心の片隅に残っている。

 第2はグローバル化に伴う24時間の対応。特にメーカーでは、海外の生産現場が現地主体の体制に変わってきているものの、主に管理系で時差による仕事の時間帯の差から残業を余儀なくされている。

 第3は季節的要因。受発注の時期的な偏り、締め切り日の集中、リスクの発生対応などによる業務量の偏りに対処できず、安易な残業が行われている。

 第4は人材育成の問題。現在は、幅広く実務の訓練が行われている企業は少なく、個人のスキルは「単能職」で他部署の作業ができない。従って、忙しい職場に余裕のある職場から当たり前に応援ができる、多能職化されたスキルを持った人材は少ない。また、このようなことができる社内制度もない。

 第5は例外的に突然発生する仕事や製品の不具合、上位者による特命などである。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。