【ホワイトカラー革命】石橋博史システム科学社長の処方箋 (1/2ページ)

2016.10.21 05:00


【拡大】

 ■変革の意識・行動は「常に人が中心」

 ホワイトカラーの業務の進め方も転換の時を迎えつつある。ITの急速な進歩などで、AI(人工知能)の実用化に関するコンセプトを多くのメディアが伝えている。企業のバックオフィス(間接部門)へのAI活用、つまり「Business Process-AI(BP-AI=業務プロセス人工知能)」の視点から、業務プロセスの変革活動には何が必要かを考える。

 ◆見てわかる状態に

 現状の業務プロセスを効率良く運用していく管理点は、第1が現状のプロセス機能の可視化、第2は同機能の改善力、第3は同機能の定量化、第4は同機能の体系に基づく原単位化、第5は同機能の体系に基づく単位業務の管理点マニュアル化-の5つだ。これらを原動力として業務の姿を「目で見てわかる状態」にすると、システム・人・AIの役割を整理できる。

 全て業務は、既存の情報システムで効率良く処理可能な定常業務(ルーチンワーク)と、人が処理をしなければならない思考業務(非定常業務=思考、判断、決断を伴う業務)に区分けできる。10社の管理職578人と担当者2045人の計2323人にアンケートし、分析した結果、定常業務は約70%、思考業務は約30%だった。

 定常業務と違い、思考業務は属人性が高く、現状では多量の情報を読み解いていく時間が必要になっている。

 ◆現状踏まえAI活用

 AI活用によって未来型の思考業務(調査・研究・立案・企画・計画など)も、高精度かつスピーディーに効率良く処理できるようになる可能性は相当高まっている。まだ、実験段階だがさまざまな分野でAIがホワイトカラー業務の自動化や人の思考に寄与しはじめている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。