訪日客のニーズをSNS分析 オロ、70言語対応ツール提供

2016.10.31 05:00

 訪日外国人向けマーケティング支援を手掛けるオロ(東京都目黒区)は、訪日外国人に特化した会員制交流サイト(SNS)分析ツール「Talkscope(トークスコープ)」の提供を始めた。

 トークスコープは、消費者ニーズや自社ブランド評価の分析、旅行者の行動把握など多くの用途に活用できる。統計データからは分からない訪日外国人の生の声から、マーケティングに役立つ具体的で有効なデータを入手する。

 日本国内で投稿された70言語180カ国に対応。使用言語、居住国・地域、性別、指定のキーワード、投稿した場所、期間などを絞り込んで表示。データは1年6カ月前まで蓄積し、年間のトレンド推移や前年対比など時系列でも分析する。

 分析結果は円グラフ、折れ線グラフ、表、画像付き投稿データ一覧などで可視化する。SNSの位置情報を利用して、地図上でエリアごとに投稿件数を表示、集計するとともに特定の地域を指定することで、より高精度な解析も可能になる。

 同社の海外拠点ネットワークを生かし、現地スタッフによる分析も合わせた、コンサルティングサービスも提供する。

 利用料は月額8万6400円。コンサルティングサービスについては別料金。今後は、訪日外国人向けに絞り込んだ広告メニューを提供するほか、外国で投稿されたSNSも対象に加えることで来日前と帰国後の口コミを分析し、より幅広いデータの収集、分析を可能にする。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。